COMPANY SYSTEM


Salad SmithはPARTNER-SHIP制度を採用します。

 

近年の日々激変する音楽ビジネスの中で中期〜長期的な活動を

視野に入れて活動できる新しい制度を2020年より採用します。

 

アーティストが自身の生活を音楽で立てるステップから

ライブハウス・ホールなどのミドルステップに対して、

契約・マネージメントなどの従来の方法を一切取りやめ

自由かつ独自のエンターテイメントを、

適切に表現する環境を心がけます。

 

[STEP 1]

ライブハウスでの活動におけるサポート

50~200人キャパシティを対象としたアーティストとの連携。

 

[STEP 2]

オリジナル楽曲の制作におけるサポート

オリジナルの質の向上を目的としたアーティストとの連携。

 

[STEP 3]

ライブハウス単独公演などにおけるサポート

50~200人キャパシティを対象とした

ワンマン公演規模での連携。

 

[STEP 4]

MVなどにおける広告制作・認知のサポート

ミュージックビデオなどの認知対する連携。

 

[STEP 5](※弊社Porto Records部門)

ホール・その他営業活動におけるサポート

300~2,000人キャパシティを対象としたアーティストとの連携。

※STEP 5における制作・活動実績

兵庫県立芸術文化センター(800人)

新宿ReNY(800人)

大阪城音楽堂(2,000人)

大阪城ホール(制作補助 : 16,000人)

24時間テレビ(※テレビ番組出演) など

 

上記5段階において弊社が現段階でサポート可能な

[STEP 5]を目指します。

 

なお、サポートにおいては弊社CREATORSチームが

関わりながら専門的な分野にも対応できるよう努めます。

 

Salad Smith / Porto Records